アリア女王様と下僕たち・2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日が命日になるはずだった
120622_111030_convert_20120622234852.jpg

この子の名前はわかりません。
10日前に飼い主によって保健所に持ち込まれました。
理由は飼い主夫婦がホームに入所するから。

8年前に四国の多頭飼い崩壊レスキューから来て
当時2歳だったそうです。
というと、今は10歳くらいですね。

職員さんたちは悩んで悩んで・・・
今日の午後のセンター行きの車に乗せることにしました。
きっと今日の朝を迎えるのは大変辛かったはずです。

この子の存在など何も知らず
たまたま保健所を訪れたのがぽこりんさん。
この子の話を聞いて、即、Sさんに相談し
引き取って動物病院に搬送してくれました。

保健所に持ち込まれてからずっと
ほとんど食事もとらなかったそうです。

多頭飼育崩壊現場から助け出され
はるばる浜松までやってきて
初めて知った家族と暮らす幸せ。
それがまさか保健所に持ち込みという形で終わるとは。

今日が命日になるはずでした。
たまたま・・・偶然・・・本当に偶然、
救いの手が差し伸べられ 今も生きています。
小柄で可愛い子だそうです。
病院でも怖がっているそうですが
心と体の疲れを取って もう一度だけ人を信じてほしい
そう願っています。

コメント

だれが一番ツラいんだろう… 放棄した老夫婦だってきっと最後まで自分達が看取るつもりで四国なんて言う遠い所から迎えたのだろうと思う。可愛がられていたと思う。今年の狂犬病予防接種は済ませてあった…。
親達に何か有ったら代わりに迎えてくれる子供家族は居なかったのかな?親戚は?
保健所に持ち込まれて10日間、飲まず食わずだった この子、私が近づいたら 近寄って来た。
愛しい お母さんが迎えに来てくれたと間違えたのかな?
悲しげな顔の 犬、そして職員さん。
御世話して下さってた職員さんが言うには 私に近づいてきて ペロンと舐めてくれた。この10日間決してそんな態度は見せなかったと言う…。
助けたい、でも私の家には預かりのビビり保護仔犬達が沢山いる。先住犬との相性は、、頭の中で色んなことが グチャグチャと 駆け回った。浮かんだのは やっぱり尊敬するSさん。しかし、こちらも一杯、満タン。。現状がわかっていただけに、連絡するのにも 躊躇った…。
けど、助けるのなら全部!!そんな心意気のSさんだからこそ 私もお手伝いをさせてもらっている、思いきって連絡したらば私が躊躇っていた時間が勿体ないって感じるくらいに、あれよあれよと話しが進み 無事に保護することが出来た、
連れてかえります。
の一言に とても嬉しそうな職員さんのお顔…今にも泣き出しそうなお顔でした。

これからが本当の始まり。保護したら終わりではない、出来ればもう一度、家庭犬として残りの犬生を迎えさせたい。私に出来る限りの協力はおしまずに 頑張りたい。

長文になってしまってすいません。
[2012/06/23 12:23] URL | ぽこりん #- [ 編集 ]

>ぽこりんさん
50頭もの多頭飼育崩壊なら
たぶん個人なり団体なりボラが関わっていると思うし、
この子が天寿を全うするまできちんと飼える年齢か
高齢者なら後見人はいるかもチェックしていると思うのだけどね・・・。
ネット環境もありそうなのに、どうして新しい飼い主を探すことをしなかったのか謎です。

栄養剤の点滴も受けたってSさんから聞きました。
もう一度、家庭で愛される暮らしをさせてあげたいね。
頑張ろうね!v-91
[2012/06/23 13:47] URL | アジママ #wEA2bRJc [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

アジママ

Author:アジママ
イタグレのアリア女王様に翻弄される動物大好きおばさん

主食はチョコレート



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



☆お買い物はコチラ☆




リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。