アリア女王様と下僕たち・2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーちゃんのこと
サーちゃんことヨーキーのサリー、
一緒に暮らし始めて4ヶ月近く経ちます。

見た目は小さくて可愛い婆さんだけれど・・・
まだ犬と人の関係になりきれてないというか
ご飯をくれる人に産毛が生えたくらいにしか思ってないようです。

体重が増えるように
快適に暮らせるようにお世話してきて
それに伴って心も開くのではと思っていたけれど
犬が人に示す好意のアクションがありません。

P1160665_convert_20111005234053.jpg

ですので、先日、病院の待合室でワタクシの膝に前足をかけてきた時は
すごくすごく嬉しかったです。

「サリー!」と呼べば来るけれど
そのまま手を伸ばした時に逃げなくなったのは つい最近。
呼んでも撫でてほしいのではなく 何か貰えるのかと思って来るのです。

実家で飼っていたヨーキーを見ていて
ヨーキーは「飼い主の傍にいるのが至福の犬」だとしみじみと感じていました。
飼い主に対して愛情深いヨーキーの性質を持ちながら
それを表に出すきっかけも無かったサリー。
失った過去は推して知るべし。

P1160640_convert_20111005234204.jpg

ミルキーの里親様がサリーのことを非常に気にして下さり
甘えてくれるようしてあげたい、心を開かせてあげたい・・・と仰って下さっています。
ワタクシも、どうぞどうぞ喜んでとは言えず
一緒に暮らしていて感じたことをそのままお伝えしました。
どうなるでしょう。
今まで譲渡した子たちのように 嬉しい変化が起こるでしょうか。

111005_2317+01_convert_20111005234246.jpg

チビッコ爺さんズは初日は「まだ心は読めないな」と感じましたが
少しずつ個々の気持ちが分かってきました。
テトも怖がりだけれど 少しずつ歩み寄ってくれています。


コメント
[e:134]私はさーちゃんを信じてます[e:319]
さーちゃんは感情を出すのに時間が掛かるだけやと思いますよ
愛情を注ぎ、時間を掛けて見守り、さーちゃんが心を開いてくれる事を信じて可愛いがってあげたら大丈夫じゃないのかなぁ
ウチのコはガタイが小さい上にワンコばっかりの環境から(彼女はペットショップの繁殖用でした)1匹6人という人だらけの環境に強制的にスティする事になりましたがなんとかなってきていますし…時間が掛かるだけできっとさーちゃんなら大丈夫
これからだよ
[2011/10/06 05:30] URL | 三重のかんちゃん #- [ 編集 ]


新参者が偉そうな事 言ってごめんなさい
[2011/10/06 05:41] URL | 三重のかんちゃん #- [ 編集 ]

>三重のかんちゃんさん
ありがとうございます。
表面だけ見ていたら「ご飯に喜んでる」とか思うのですが
もっと深い場所で「んん~?」と思う子です。
それがうまく表現出来ないのですが。
存在感が透明ぽいのです。

ひょっとすると、今の生活でも十分幸せだとサーちゃんが思っているのかもしれませんね。
突っついたら倒れそうな状態でやってきたそうですし。
保護ブログには勝手にセリフを入れてますが、
サーちゃんの記事を読んでミルキーの里親様が
「甘えられるようにしてあげたい」と仰って下さったのは
ある程度ワンコの行動が分かってる方だと思いました。
甘えてこないとは書いてませんのでね。
どうしたらもっと心を開かせることが出来るか、日々試行錯誤です。
[2011/10/06 14:25] URL | アジママ #wEA2bRJc [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/10/06 19:53] | # [ 編集 ]


サリーは甘え方が分からないのね。この人はご飯くれるだけの人じゃなさそう?!みたいな。。。手術とかも有ってちょっと痛い怖い思いもしてるから、他の保護っ子よりゆっくりなのかもしれませんね。
きっと初めてであろう、スッキリするシャンプー、暖かいお洋服、暖かいふんわりベット、ヒーター、美味しいフードと愛情溢れるトッピング…
家庭犬なら当たり前に貰える愛情も…。

ダメだ泣けてくる幸せになるんだよ。サリー
[2011/10/06 20:56] URL | ぽこりん #- [ 編集 ]

>鍵コメさん
いえいえ、私もまだまだ修行が足りませんよ。
1匹1匹、同じ繁殖場にいた子でも性格も違いますし心の傷も違います。
ゆっくりいきますねv-22
[2011/10/06 23:52] URL | アジママ #wEA2bRJc [ 編集 ]

>ぽこりんさん
色んなケアが続いて、心は二の次だったかもしれない。
甘え方も知らないんでしょうね。
病院で膝に前足をかけてきた時は本当に嬉しかったよ~!
食べ物くれ!じゃないもんね。
最近は私が帰宅すると立ち上がってるよ。

衣食住は我が家で覚えたけれど、心はまだまだね~。
サリーのような子がまだまだたくさんいると思うと辛いわ。
「どうしたの?」って声もかけてもらえず ただ生きることに専念してる子が。
まずは保護された子達だけでも幸せにならないと!
サリーもね!
いつもどうもありがとうv-238

[2011/10/07 00:05] URL | アジママ #wEA2bRJc [ 編集 ]

ゆう君も・・
ずっと何を考えてるか、分からない子でしたよ。
お散歩は大好きだけど、ハーネスを着けようとするだけで、殺されそうな声で叫ぶし・・
服を着替えさせるのも、○ですごい虐待を受けているかのような泣き叫び方で、全く信頼されてませんでした。(^^ゞ

我が家に来て、秋から春までの半年、何かされそうになると逃げ回り・・
暖かくなってきて、何とかご近所に言い訳しなくちゃって泣き方をされなくなりました。

最近の肌寒さに、服を着せるようになりましたが、流石にもう鳴きません。
お散歩準備でハーネスを着けるときは、足を上げて協力するようになりました。

ゆう君は人間に対しては、喜びの表現が遅かったけど、日向ぼっこしたり、柔らかなクッションを触ると、嬉しがってもだえてましたね、そう言えば。

大所帯じゃなく、ミルキーちゃんの里親さんの所に行ったら、心を開いてくれるのも早いかも・・
結構そういうワンコって、多いですよね。(^^ゞ
[2011/10/08 00:09] URL | トーガ #Z1Pn906. [ 編集 ]

>トーガさん
ゆう君には保護犬舎で何度か会ったことがありましたが
バリケンに入り込んで出てこなかったり
ササ~ッ!!と逃げられたり・・・でした。
小汚い繁殖場で何年も過ごした子ですよね。
サーちゃんと境遇が似ているのでは?と思う部分もあります。

大所帯だとやはり限度がありますね。
ルチルやトパーズも里親様の元で大成長しましたし。
サーちゃんの明るい未来を信じて託すのがいいんでしょうね。
どうもありがとうございますv-22
[2011/10/08 01:23] URL | アジママ #wEA2bRJc [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/10/08 05:49] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

アジママ

Author:アジママ
イタグレのアリア女王様に翻弄される動物大好きおばさん

主食はチョコレート



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



☆お買い物はコチラ☆




リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。