アリア女王様と下僕たち・2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然と・・・
アニマルコミュニケーターさんと
霊感のある方からアリちんからのメッセージを頂戴いたしました。

ちなみにワタクシもACを習い始めたのですが
「ありがとう」
しか聞こえてきません。

ジェニのこと心配していました。
ジェニはリーダーにはなれない、とも。

今のところジェニたんは 相変わらずの様子です。
でもきっと、姉たんがいなくなったのは分かってるはず。

アリちんが旅立ったのは まさにワタクシが爆睡した数時間の間で
「目の前で旅立つとママが取り乱しちゃうから 寝ている間に逝くね」
と。
夜間救急から帰ったのが午前3時頃、
夕食なのか夜食なのか朝食なのか分からない食事を少々取り、
午前4時過ぎから添い寝して爆睡、
8時頃にガバッと起きたら すでに冷たくなっていました。

帰宅後に検温したら40.7度もあったのに
冷たくなるのが すごく早かったです。
本来ならば まだ温もりが残っていてもいい時間。
それだけ アリちんの体は体温調節がメチャクチャだったってこと。

ずーっとプチ具合の悪い微熱のある犬生で
お母さんを護るバトンタッチが出来たから
安心して旅立ったんだそうです。

一昨年の夏にアリちんの妹が欲しくて探したことがありました。
保護っ子の中から選ぶにも、やはり状態の良い子は残せず
我が家に残るのは アリちんのお姉さんになる子ばかり。
今月保護した3匹のイタグレの中で
気性が少々激しく まだ治療が必要な子を妹にしたんです。

もしその子を残すと決めなければアリちんはもっと長生きしたのではと思ったのですが、
もともとのアリちんの体質で もういつ旅立ってもおかしくなかったと。
これからはスキャットがワタクシと夫を護ってくれる、
アリちんからスキャットにしっかりと伝わっていると。

先週、「アリちゃんとスキャットとお揃いのお洋服が欲しいね」
って夫に言ったばかりですのに。
アリちんがいることが大前提ですのにね。

Ari-13.jpg

金曜の午前3時頃 ソファーで寝ていた夫が
「アリの口に泡みたいのが付いてる」
と寝室に連れてきました。
夫と添い寝していた時に初めての発作を起こしたのでしょう。

ワタクシが添い寝して様子を見ていたら
午前3時半頃 2回目の発作。
そして午前5時頃 3回目の発作。
ワタクシが寝落ちして 12時頃 激しい発作。

癲癇にしては おかしい。

午後1時頃に起き上がって水を飲んでいたので
そのまま病院に。

待合室で磐田のミミさんと偶然会って
「綺麗な子ねぇ~」
って撫でていただきました。
あのアリちんが おとなしく撫でられていたんですよ。

仕事に行き 帰宅して保護っ子たちのお世話をして
ソファーで夫と添い寝しているアリちんを見たら
どうにもおかしい。
寝てるって状態じゃない。
体温を計ったら 34.5度。
慌てて夜間救急に駆け込みました。
そして翌朝 お空へ。

一番我儘を言っていい子なのに
寝た切りになろうが 痴呆が出ようが
一番お世話をしたかったのに
異変に気付いてから丸1日で旅立ってしまいました。

「他の子たちのお世話で大変だから、お母さんに面倒をかけたくない」
だそうですよ。
アリちん、



遠慮するところが間違ってます!!!




Ari-12.jpg

今まで何匹も看取り 葬儀も行ってきましたが
アリちんの葬儀をする日が来るとは。

魂とお別れし、体ともお別れし、二度辛い想いです。
かかりつけの病院で棺を用意して下さり 蓋も閉めてくれたのですが
やっぱり・・・と蓋をガバッと開け 撫で繰り回し
頭を突っ込んで頬擦りがやめられない。

火葬の間 隣ですすり泣いている夫に

Ari-10.jpg

こんな写真を送って さらに泣かせたり。

ワタクシが撮影することが多かったので
ツーショットも夫&アリちんばかりで。

去年の桜の時期に アリちんを連れ出して
お花見に行った時の

Ari-11.jpg

スーツ着た男性をひっつかまえて撮ってもらった
この写真が宝物になりました。
お出かけ好きじゃない子だったけれど
二人だけの時間を作りたかった。
自宅に保護っ子が沢山いるなんて知らない人ばかりの中で
ママとお散歩するワンコにしてあげたかった。
どうして一昨年もその前も行かなかったのか これも後悔の一つです。


Ari-14.jpg

このお洋服がお気に入りだそうです。
これはリーハが幸せに向かって出発する時に専用のお洋服を買い、
アリちんのも・・・と購入したモノ。
ダックス用の服をホムセンやネットで買って着せていたけれど
最後に買ったイタグレ専用服がお気に入りだそうです・・・。

それを夫に伝えたところ
「あの服、ちょっと汚れてるんだけど、ハイターに浸ければいい?」と
ヤメロー!色が抜けるー!!

Ari-8.jpg

いつもソファーの角か窓際のベッドで寝ていて。

Ari-9.jpg

ワタクシがソファーに座ると甘えて甘えて。
たまーにダイニングまで来て
「私のママよ!」って膝に乗ってくることもありました。
保護っ子たちと一緒に庭に出ても 膝に乗ってることが多かったです。
「私のママなんだからね!」って。
その時が嬉しかったんだそうです。

仕事中も涙ぐんでしまいますが
終わって車に乗り込むとドドッと来ます。
アリちんのいない家にそのまま帰りたくなくて
公園の駐車場で思いっきり泣いたり。
G線上のアリアよりもFly me to the moonを聴きながら。


アリちんのようなホワイトのイタグレは
もう生まれないでしょう。
生まれないほうが良いのだけれど
そっくりな子にも出会えないということ。
いつか 甘い思い出だけになる日が来るのでしょうか。

スポンサーサイト
お知らせ
またまた久しぶりの更新で。
見てる人いるのかしらと思いながら打っております。



IMG_6109.jpg


愛娘アリア、本日未明 旅立ちました。

突然の癲癇発作に続き
意識混濁 低体温 低血圧 低血糖 徐脈
駆け込んだ夜間救急にて 出来る限りの処置をしていただきました。

一度意識が戻り、頭を上げ、ワタクシの方を見てくれました。
残念ながら その後、神経症状が出てしまい
急変もあり得ると聞いて 連れて帰りました。

一緒に過ごした我が家で ワタクシと一緒の時に最期を。



久しぶりに開いたこちらのブログで
生前のアリちんに会えて 嬉しいやら悲しいやらです。

怖がりで 人見知りで 我儘で 甘えん坊のアリちん。
お客様に愛想を振りまけなかったアリちん。
椅子に座ったワタクシの膝に ヒョイと飛び乗っていたアリちん。


もっともっと我儘を言って欲しかった。
寝たきりになっても お世話をしたかった。
あまりにも駆け足で逝ってしまい 心だけが残されています。

こちらのブログでアリアを可愛がって下さった皆様
本当にありがとうございました。


中村 アリア
2005年9月14日生まれ
享年 10歳


アリアに永遠の愛を込めて。



一安心
父の日でしたな。
たくさんのワンコニャンコの父である夫のために
大奮発して黒いトレイに乗った牛肉を買いました。
せっせと貯めたお買い物ポイント使用で

もちろんワンコたちにもお裾分けしたのですが
ワンコ用に取り分けたお肉をショーン坊ちゃまがモサモサと食べてましたよ
猫軍団の中で生肉好きなのは坊ちゃまくらいです。
もちろんお刺身も大好き

今日は母方の親戚が見舞いに来るということで
譲渡会をお休みさせてもらって 病院のロビーで待ち合わせ。

病室に行ったら

DSC01399.jpg

暇潰しのゲーム機が

今まで実家の家事全般だの犬の散歩だのPCいじったりだの
忙しい生活を送っていた人なので
すんごく退屈なようで
大部屋に移ったといっても 病室から出ちゃダメと言われているそうです。
明日からはベッドが空いていれば一般病棟に移れるので
もっと歩き回れるのでは・・・。

ワタクシ、今回初めてCCUという部屋を知ったのですが
調べてみたところ 冠動脈疾患集中治療室 なんだそうです。
まー、入ることがなければ なかなか知ることもないですな。

治療費・入院費はいくらくらいになるのかな~という話をしていましたら
限度額適用認定証というモノがあるそうなので
この申請は兄に任せます。


洗濯物を預かって実家に寄りました。

DSC01405.jpg

食欲が無いと聞いていたけれど
ポテトの匂いに大興奮

デジカメで父の動画を撮って声を聞かせてみたのですが
「あれ~?」って顔してましたよ。

「今日はもう梳かした」とのことですが

DSC01410.jpg

お尻の毛が縺れだらけ


一般病棟に移れるということは
緊急の呼び出しの可能性も低そうなので
ワタクシ やっと一安心です。
明日からは ちょっとのんびり出来そうです
チビ助さん
皆さん ごきげんよう。
木曜日に父の日の贈り物を注文したアジママです
いいのいいの、父の日に届けば

父が入院してから 兄からますます頻繁に電話がかかってくるのですが
本日10時半くらいの電話。
「病院から電話があって、TVカードとイヤホンと爪切りだって」

・・・
あの~、ワタクシに言ってくるということは
ワタクシに持って行けということなんでしょうかね・・・。
CCUの面会時間は1日3回 各30分ずつで
11時~の次が15時~なんですよ。
もう、大慌てで仕度して出かけました
今日からCCU内の4人部屋に移動し、月曜日には一般病棟に移れるそうです。

帰りに実家に寄ってきたのですが

DSC01381.jpg

チビ助、大喜び
飛んだり跳ねたり走り回ったり。

「ちゃんと梳かしてる」とのことですが お腹側が毛玉だらけ
さっそくコーミングです。

DSC01387.jpg

毛がすごく細いけれど 手入れし甲斐のある子なので
ちゃんと梳かして欲しいんですよねー

DSC01390.jpg

「イヤがって暴れるし」とのことですが
やっぱり一緒に暮らしてる人には甘えが出るのかしら!?
ワタクシはジタバタしても止めないのでチビ助も諦めてますよ。

でも顔を見たら

DSC01389.jpg
早く帰れば?

な顔をしていました
朝っぱらの電話
皆さん ごきげんよう。
あまりのムシムシ感にエアコンのリモコンをブチッと押したアジママです。

昨日は朝っぱら、しかも6時に兄から
「父ちゃん、救急搬送したから」と電話がありまして
慌てて着替えて皆にご飯をあげて病院に駆け込みました

前日に病院に行って、来週末に検査入院って言われたばかりなのに
なんで?なんで?と思っていたら
一昨日は狭心症で 昨日は急性心筋梗塞、
そういうこともあるんだそうです。
出発前に救急車の中で見た波形は 心筋梗塞の形だったそうで。

救急外来でなにやら検査した後

SN3R021000010001.jpg

心血管造影室へ移動。
大手術のイメージがありましたが
ここでカテーテルを使って処置出来るんだそうな。
血管からカテーテルを通し、
詰まっている箇所にステントと呼ばれる金属製の筒のようなものを入れたようです。
インターベンションと呼ばれる治療法です。

小さい待合室があって

SN3R02120001.jpg

外来が始まる前の時間なので貸切。

SN3R02130001.jpg

腹が減っては・・・なので 売店で買い物して朝食も

どうやら前の夜から痛い痛いと言っていて
ニトロを舐めても良くならず 
午前3時頃まで「痛くて眠れない」と言っていたそうです。
狭心症だとずっと痛みが続くことは無いので なにやらおかしい。
救急外来に連れて行くかと思った頃に鼾をかいて爆睡したので兄も寝たようですが
朝6時前にチビ助がけたたましく鳴いていて目を覚ましたら
家の前に救急車が停まっていたと
5時頃目が覚めてもまだ痛くてたまらないので自分で呼んだらしいです・・・。
心臓にしても脳にしても 血管が詰まってから治療までの時間が
短ければ短いほど良いそうで。

1時間半ほどで処置は終わりCCUに移動して
家族が担当医から説明を受ける頃には本人は看護師さんとベラベラ喋ってました

あとは書類の嵐と入院に必要な物の準備なのですが
男所帯で父が家事をしていたので 
予備のバスタオルとかあるのか無いのかさ~っぱり分からず、
兄も昼過ぎに帰宅してから 疲れで横になってしまったようで
午後6時半~7時の面会時間に行ったらまだ荷物が来てない
病院帰りに入野のイ○ンに寄って
バスタオルとウェットティッシュとふきんを購入し実家に届けました。

入院は一週間程度ではないかとの話なんですが
先ほど兄から連絡があって・・・
父にベッタリだったチビ助が玄関でしょげていて
食事はおろか水さえも飲まない、排泄もしてないようです
玄関にいるのは、父が玄関から出かけたから。
馴れた環境にいたほうがいいかも と思っていましたが
退院するまで我が家で預かることも考えています

そして・・・やはりこれは書いておくべき。
造影室の待合室にいた時もCCUに入った時も
看護師さんたちが「おはようございます」と声をかけて下さり
すごく嬉しかったというか緊張が解けました。
どうもありがとうございました


プロフィール

アジママ

Author:アジママ
イタグレのアリア女王様に翻弄される動物大好きおばさん

主食はチョコレート



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



☆お買い物はコチラ☆




リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。