アリア女王様と下僕たち・2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間
なんだか記憶があまり無いまま
一週間経ちました。

もう一週間かー。
そういえば給料日も過ぎたのに銀行にも行ってないわ。

我が家に来た時からずっと一緒だったジェニたんは
昨日から元気がなくなってしまい
わんこベッドに引きこもっております。
アリちんに〆られて「姉たんのバーカ!バーカ!」と鳴いておりましたのに
やっぱりいないと心細いのかしらね。


ワタクシも久しぶりに引っ張り出してきました。

Ari-15.jpg

アリちんが飛行機に乗ってきた時のバスケット。

Ari-16.jpg

Ari-17.jpg

見てのとおりピクニック用のバスケットでして
アリちんを出そうとしたら
この蓋の真ん中のところが背中に引っかかって
すごく時間がかかったという・・・。

アリちんに会えるのが楽しみで
すんごく早くセントレアに着いちゃったというのに
保護っ子たちのお世話で寂しい想いをさせちゃって
本当にごめん。

Ari-18.jpeg

夫がアリちん、ワタクシが保護っ子を連れて一緒に散歩に出ると
こんな顔をして見てたことも。

本当はママと歩きたかったよね。

Ari-19.jpeg

新しい毛布やお洋服が大好きだったね。
こんなセーターを編んでいただいてご満悦。

DSC03625.jpg

表情が豊かで 本当に可愛い子でした。


どうやら、今 お空で
「私が皆(卒業犬たち)を幸せにしてあげたのー!」
と言っているようですが。




はぁ!?




タカビーな性格は 亡くなっても相変わらずのようです。
さすがアリア様。
ご満悦なんだそうです。
「幸せだったよ」と言われても でもでも・・・と思ってしまいますが
「ご満悦」と言われると、そ、そう!?良かった!?って思っちゃいますね。

Ari-20.jpeg

起床時間はアリちん任せ、
起きたらワンワン鳴いて下僕を呼ぶ生活でしたが
そのおかげで10歳まで生きられたのかしら。
ドッグランにバンバン出かけちゃう生活だったら
ひょっとすると もっともっと早く旅立っていたかも。


蝶よ 花よ アリア様よ
と育てたから こんな性格になっちゃいましたが
それがピッタリだったのねぇ。


生まれ変わったら また我が家に来て欲しいな。
ホワイトは無理でも 似たような姿で。
また蝶よ 花よ と育ててさしあげます。

明日はSBSマイホームセンターでイベント。
ちょっくら頑張らないと。

スポンサーサイト
テト爺さんシャンプー
皆さん ごきげんよう。
全身ガッタガタと言いつつ 瓶ビール1ケース運べちゃったアジママです。

寛太は猫じゃらしで遊べるまで復活しましたが

DSC04623_convert_20120616222733.jpg

モン太の動きが素早いのか 寛太がドン臭いのか
なんか鈍いんですよね~
うちのマザコン王子2匹の幼少時みたいに
ということは、寛太はマザコン猫になる素質を持っているかも!?

モン太は食べるスピードもメチャクチャ速いので

DSC04638_convert_20120616223309.jpg

寛太が食べ終わるまでケージの中に猫じゃらしを入れて遊ばせています。
出たがって大暴れするし、出たら出たで寛太のご飯を食べちゃうし

今日は出社1時間前にテト爺さんを抱っこしたら
あれ・・・お尻に何かついてる
なんと、お尻の毛にンコが!!

大慌てでシャンプーです

DSC04627_convert_20120616222843.jpg

腰を抜かしてるんじゃないか?と思うほど おとなしくしているので
シャンプーも楽々

DSC04628_convert_20120616222943.jpg

フワフワです

DSC04631_convert_20120616223040.jpg

とても爺さんには見え・・・るか。
舌出てるし。

DSC04632_convert_20120616223123.jpg

ハゲてたお尻はフサフサを通り越してモサモサに
またンコがつくといけないから・・・とカットしたら
「あれ?右が短いよ」「今度は左が・・・」と
どんどん短くなりました~

DSC04633_convert_20120616223224.jpg

最近やっと捕まえるのが簡単になってきました。
去年の9月27日からいますのに。
マリネも11月中旬からですけど なんと申しましょうか、
半年過ぎちゃうと 7ヶ月も8ヶ月ももう一緒!って感じです


今日、捕獲機に入った若犬が1匹 浜松にやってきました。
1週間ほど前からSさんから話は聞いておりましたが
Sさんは相談を受けた側です。
人馴れしていない若犬、すでに体格は中型犬、保護には必ずついてくる最終責任、
もし捕獲機に入っているのを見たのが自分だったら・・・
どう動くのか考えさせてくれる話でした。
アチチ!な送り火
帰宅してちょっと横になったら日付が変わっておりました、はははー。

昨日の帰りに食べようと思っていたけど疲れてパスしたコンビニのソフトアイスを

P1150768_convert_20110816005122.jpg

実家に向かう途中でリベンジ~!
持って車に乗っただけで どんどん溶けていきます

最終日は籠盛をバラして中身を親戚宅の数だけ分けていきます。

DSCN0553 - コピー

しかし、同じ物があまり無くて 
「この箱、なんかスカスカ~」と他のモノも入れてみたり。

DSCN0556.jpeg

なぜか父の背中にバッタが止まっていてバカ受け!!

親戚が集まった後 念仏をあげ
今度は送り火です。
また7回やります。

P1150769_convert_20110816010150.jpg

中途半端な長さの髪がどうしようもなくて三つ編みに・・・。

ちょっと曇ったのですが 風が出てきて

P1150770_convert_20110816005206.jpg

今回もギョヘーな炎に。

墓前でも

P1150776_convert_20110816005243.jpg

線香あげられませんって

夕食は

110815_1706+010001_convert_20110816010742.jpg

大変ボリューミー
このプラスチックの容器は 燃えるゴミの基準が変わったので
食べ終わった後 すべてゴミ袋に入れて捨てました。
祖母の時は全部洗ってプラゴミに入れたような・・・。
お茶出しも最後まで紙コップを使ったので それもゴミへ。
女手が今回もワタクシ一人なので だいぶ楽なほうに流れましたよ。
それでも接客疲れか 帰宅して寝ちゃいましたケド。

P1150781_convert_20110816005315.jpg

チビ助は来客前にマットに粗相してしまったため
ずっとサークルに入れられてました。
親戚たちが帰ってから やっと出してもらえましたが
オバチャンたちももう帰るよ~ん。

叔母に「この家に来て、お母さんがいないのに馴れた?」と訊かれましたが
頭ではわかっていても心はまだ・・・って感じです。

ちょこまかしたハプニングがちまちまとあった初盆でしたが
ワタクシにとって一番大きいハプニングは 父に
「お前のところ、今犬何匹いるんだ?」
と訊かれたことですな。
もちろん、聞こえないふり~
皆様へ
ロデムとお別れしてから 一週間近く経ちますが
色々な事があり過ぎて
まだロデムとの永遠のお別れのことだけに
ゆっくりと向かい合うことが出来ておりません。

しばらくブログをお休みさせていただくことにいたしました。
心身を整え、犬猫のことを更に勉強する
充電期間にしたいと思います。
転載) 正丸峠
大変ショッキングな記事ではありますが 少しでも多くの方に知っていただきたく、
またこの子達の飼い主さんを探したいため 転載いたします。

犬の幸せって??さんより転載です。




 正丸峠の道路下に、沢山の動物の遺体が棄ててあるの知ってる?


それは、板橋の犬屋敷の件で、聞きたいことがあり、猟友会のOさんに電話をした時の言葉でした。

「え?聞いた事がない。どういうことですか?」

「5~6年前は、散乱した骨が沢山あったんだ。4年前くらいかな。黒い袋に入った動物の遺体が毎週のようにあるんだよ。」



 そんな話から、始まりました。 その週末、私は現地に向いました。

聞いた場所に着き、遠くから見るとゴミ袋らしいものが見える。でも降りていけない。
猟友会のOさんが「案内するから待ってて」との連絡があり、獣道なるものを教えて頂き、降りていきました。

    少し進むと、散乱した袋が沢山散らばっています。

破けた袋から頭を出している犬、お尻を出している犬、ふっくらした袋。
その袋を開けてみると、水色の洋服を着たシェルティ-でした。



「え?何?何?」頭が混乱しました。
ブリ-ダ-? 葬儀社? こんなに沢山なら・・業者???

その日は、数枚の写真を撮り帰りました。


天候が悪い日が続き、2週間後、知人5人で現地に向いました。
新しい袋や布にくるまれた動物の遺体が、また、増えていました。

水色の洋服を着ていたシェルティ-の袋の中には、金の折鶴がありました。
お尻の見えていた子は、キャバリアでした。綺麗にトリ-ミングされ、お正月のリボンをつけていました。

シェルティ-の顔を見ようと、身体の向きを変えると、アゴから胸にかけ血だらけ。蛆もわいていました。
Mix犬に純血種、生々しい遺体、猫のアゴの骨や犬の骨が沢山。オムツをした遺体。


合同葬に出した犬達が、ダビに付されず、ここに放棄されたのでしょう。
それも、長年・・・。

飼い主さん達は、今も尚、他の子達と一緒に埋葬されていると思って、手をあわせている事でしょう。


犯人を見つけたい・・・警察に捜査をお願いしました。
3月26日、報告した場所の遺体を回収、全部で80体。
マイクロチップが入っている犬もいない、手がかり無し。。


埋葬してあげたい・・・県知事、市長、県庁、市役所 etc お願いしました。

3月25日、 話し合いの結果、飯能市は、生ゴミと一緒に焼く事しか出来ません。
     県庁、動物指導係は、センタ-の炉では妬くことが出来ない。
     センタ-には、保護した犬猫達がいるので、当たり前です・・。

  

   生ゴミと一緒に焼くなんて出来ない。。
    
   私達が引き取るしかないのでしょう。


   飼い主さんがわかれば、犯人もわかります。
             何か、手がかりがないものでしょうか。


このキャバリアは、お正月のリボンをつけています。


シェルティ-は、水色の服を着ていました。


何方かこの子達、知りませんか?


以上、転載です。
お心当たりのある方、元ブログの管理人さんにご連絡をお願いします!!


4月6日追記
この事件に関して、あまりにも反響が大きく、
警察の方から自粛するよう指導が入ったそうです。
記事の画像を削除させていただきました。




プロフィール

アジママ

Author:アジママ
イタグレのアリア女王様に翻弄される動物大好きおばさん

主食はチョコレート



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



アクセスカウンター



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



☆お買い物はコチラ☆




リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。